フォルテ社ワクチン集団接種会場支援システム、黙食推進プロジェクトのご紹介

  • HOME
  • ニュース
  • フォルテ社ワクチン集団接種会場支援システム、黙食推進プロジェクトのご紹介

当社パートナー フォルテ社と協力して、新型コロナウィルス感染症対策をご支援しております。

ワクチン集団接種会場支援システム

会場支援システム・予約管理システム

ワクチン接種会場での感染防止や円滑な接種業務を支援するシステム【MIDERA VACCINEシステム】を自治体様にご提供開始致しました。

MIDERA VACCINE(ミデラワクチン)システムの特長、メリット
  • ワクチン接種会場入口で接種者をAI顔認証で検温体調チェック登録
  • 検温中にワクチン接種クーポン券のバーコードを読み取り、本人を識別
  • 同時に受付のプリンターで受付番号を記載したQRコードのシールを発券し、 会場でのアナウンス番号や、専用タブレットによる接種記録の読取り・入力に利用
    (専用タブレットによる接種記録は予診票のエビデンスとしてデジタル保存可)
  • 経過観察が終了した接種者に対し、大型モニターで受付番号を表示、音声で終了を案内
  • 会場での2回目予約はタブレットでQRコードを読み取り、その場で予約可(別途、ご用意するワクチン接種予約システムをご利用下さい)
  • コロナワクチン接種後は、同システムを避難所システムや選挙・イベントなど応用が可能
MIDERA VACCINE(ミデラワクチン)システムの主な機能
  • AI顔認証による体表温度検知、体調チェック登録
  • 呼出し用受付番号付きQRコードシール発行(個人名や接種番号を表に出しません)
  • 受付番号をモニター画面表示や音声で会場内誘導、非接触業務、接種者の密集を防止
  • 予診票情報のタブレット入力・デジタル保存
  • 会場での2回目予約登録

導入実績

木更津市様が本システムを採用されました。(2021.5.21)

黙食推進プロジェクト

黙食を推進する流れがありますが、実際にはお客様に「声が大きい」や「静かにしてください」と注意をすることは非常に難しいのが実情です。
本システムは、会話の音量をリアルタイムで測定し一定以上の大きさになると赤色のランプが点灯し声量を抑えるように促します。

お問い合わせフォームはこちら